サプリで植物性乳酸菌を摂取するメリットやラクトフェリンについて

ダイエットや便秘解消などのためにサプリのランキング(ビフィズス菌)で乳酸菌をサプリ、またはヨーグルトなどから摂取することがありますが、乳酸菌には動物性乳酸菌と植物性乳酸菌があります。

2つの乳酸菌の大きな違いは、乳頭で増えるのが動物性で、ブドウ糖などの糖類で増えるのが植物性です。植物性乳酸菌の強みには、胃酸に強く厳しい環境に対応できるという部分があり、効率的な働きに期待ができます。

最近では、植物性乳酸菌にラクトフェリンを配合しているサプリがあります。ラクトフェリンとは、母乳にふくまれている成分で特に初乳に多く含有しています。この成分は、赤ちゃんの免疫力を高める働きがあり、大人が摂取してもその効果は期待できます。

ラクトフェリンの働きは、免疫力を高めるだけではなく、腸内の悪玉菌を抑制して善玉菌が潜在するのに良い環境へと働きかけます。

生きて腸内に届く植物性乳酸菌と、ラクトフェリンを合わせて摂取することは、腸内環境を整えるには良い方法です。腸内環境が整っていると、便秘解消や肌荒れ予防や改善、健康維持、ダイエットなどに効果が期待できます。

 

ビフィズス菌は妊婦さんにもおすすめな成分です

ビフィズス菌はヨーグルトなどに含まれている菌で、腸の環境を整えてくれる成分なので整腸薬として用いられることもあります。今はサプリメントとして手軽に摂取することができます。

しかも、悪玉菌を抑制してくれる働きの他、葉酸などのビタミンB群を作ってくれるので妊婦さんには特におすすめです。

ビフィズス菌は、大腸に主に存在しているのですが、年齢を重ねるごとに減っていく特性があります。ビフィズス菌が減ると便秘になるため、女性は特にビフィズス菌を摂取するのが推奨されています。

また便秘になること自体がビフィズス菌を減少させることが分かっています。それゆえ、便秘にならないようバランスの良い食事などが重要です。

便秘解消のためには、適度な運動で腸を動かすのも適しています。ヨーグルトなどの乳製品に含まれる乳糖を摂取したり、オリゴ糖を摂取するのも良いとされています。

最近は、過度なストレスによってビフィズス菌が減ると言われており、ストレスをこまめに解消するのも重要です。

 

アンチエイジングにベビーコラーゲンを摂取して満足の毎日を送る

本当の意味でのエイジングケアには、体の内側からの改善が必要です。その為に必要な栄養素である乳酸菌は、乳製品から摂取できますが、体への吸収率は高くありません。

最近ではサプリメントが数多く販売されており、サプリを利用した栄養摂取が手軽で便利です。そして、年齢とともに減少していく、III型コラーゲン(通称ベビーコラーゲン)の補給もアンチエイジングには欠かせません。

ベビーコラーゲンが体内で有効に働く為には、単体では十分な効果を発揮できません。ベビーコラーゲンの摂取と共に、働きを助ける有効成分の摂取が必要です。

有効成分には、ベビーコラーゲン(卵殻膜)、ベビー乳酸菌、コラーゲントリペプチドがあります。ベビー乳酸菌は、赤ちゃんが、出産の時に、産道を経由した時に獲得するとても重要な乳酸菌です。

乳酸菌は、植物性や動物性のものが多いですが、ベビー乳酸菌は、ヒト由来の乳酸菌です。もしお使いのサプリに満足されていないのなら、ベビーコラーゲン配合のサプリに更新してみてはいかがですか。